ディスプレイの大画面化

液晶技術にフォーカスした第一回講演会、バックプレーン技術にフォーカスした第二回講演会に続き、第三回講演会では“ディスプレイの大画面化”に焦点を絞り講演会を開きます。
近年、家庭用テレビはほぼ薄型パネルに置き換わったと思います。またスポーツ観戦などでは、迫力を大いに感じられる大画面ディスプレイ(オーロラビジョン)が使われています。さらに没入型のディスプレイを使うことで高い臨場感が出ます。
これらの大画面ディスプレイについては、小型や中型サイズと異なり、大画面ならではの工夫や開発が必要だったと伺っています。その中には“日本初”の技術も沢山あるものと思います。この講演会では各技術をよく知る方にその歴史を語っていただく予定です。

ディスプレイ開発の経緯が分かる良い機会になると思いますので、奮ってご参加ください。なお、SID非会員の方でも参加可能で、一年目の年会費が無料となります。

概要

日時2024年3月15日(金)10:00~16:50
開催方式
ハイブリッド:現地+オンライン(Zoom Webinar)
     ※講演の録画は禁止させていただきます。
会場機械振興会館 (東京)
予稿集WEBページよりダウンロードいただきます。
また希望者には印刷版を販売いたします(先着50名)
主催SID日本支部

プログラム

10:10~11:10大画面カラーPDP技術石井 啓二
(NHK財団)
11:20~12:20没入型ディスプレイと私
-CAVEの誕生から進化の歩みを振り返る-
橋本 直己
(電気通信大学)
13:20~14:20液晶ディスプレイの大画面化岡元 謙次
(元富士通、元シャープ)
14:30~15:30OLED大型化への道のり
-JOURNEY TOWARD LARGE OLED-
辻村 隆俊
(元SID会長、コニカミノルタ)
15:40~16:40大型映像表示装置の発展とイノベーション原 善一郎
(元三菱電機株式会社)
(敬称略)  * 講演順・講演タイトルは変更される可能性があります。

参加費用

SID会員 2,000円、SID非会員 17,000円、学生 無料

  • 参加費は消費税を含みます。
  • 入金後のキャンセルは手数料が発生します。講座テキストのダウンロードリンクまたはZoom Webinar IDのの配布(3/13の予定)以降はキャンセルできません。
  • 企業に所属している社会人博士課程の学生は、社会人としてのお申し込みとなります。
  • SID非会員の参加者は自動的に一年間のSID会員資格が得られます。

【会員特典】

  • ディスプレイ技術に関連する論文誌 Journal of SIDやSID SymposiumのDigest paper を無料で閲覧できます。
  • Display Week、IDW、Euro Display等の国際会議や、サマーセミナー、IDW tutorial 等の会議に会員料金で参加できます。
  • ディスプレイ情報誌Information Display Magazineを無料で受け取れます。

申込方法

以下のリンクよりお申し込みください (Payvent)

学生の場合には、学生証のコピーをE-mail添付にてセミナー事務局までお送りください。

お問い合わせ

SID日本支部 セミナー事務局 (㈱日立アーバンサポート内) 担当:麻生
E-mail:info@sid-seminar.org 〒297-0026 千葉県茂原市茂原640-7